初秋の草花

初秋お草花
台風一過・・・言葉通りには行かず新宿を出るときは雨。。。う~ん! 【私晴れ女なのに~!?】移動中雨もやみ、
なんだか私の【念】が天に通じたようで、湯の丸高原に着いた時は快晴!吹く風も体に爽やか・・・都会の風と違う。
誰か言ってました【混じりけの無い本物の空気と風】 だって。!♪(/・ω・)/ ♪ 何年も前の山登りに何回も湯の丸高原 水の塔山・篭の登山の際にコマクサの花を見る、この湿原お花を観に来た場所。広い湿原の花々・・・秋の顔この外、まだまだ載せきれないほどの種類が咲いていました。特に珍しい名前の車軸と言う花は昔の荷車からついた名前だそで、葉の部分を指すのだそす。八月もまだ半ばまだまだ暑さ厳しき折、チョッピリ・ささやかに高原の一ページを・・・おすそ分け

羽田のお祭り2017

羽田のお祭り2017
羽田空港といえば馴染みが在るが羽田が 元・もと・猟師町だったと言うことは意外に知られていない!多摩川の河口であさりや蜆がどっさり取れ、終戦でも栄養失調の子供がいなかったと聞いています。其のほかカレイやアナゴ・シャコなどたくさんとれ、町のあちらこちらに、海苔干し場が在りました。今は全く見かけなく、魚はスーパーで海苔は、海苔店で買います。   猟師さんの家の軒先で獲ての魚貝が店になり買いに行った懐かしい思い出の町です。

梅雨明け

梅雨明け
なんて暑い・・・!  空梅雨で気象庁の梅雨明け宣言も【もう!頭の中で宣言が空回り・・・!とっくに梅雨明けだよ~!】
毎日快晴で在っても確実に梅雨明け宣言で、塩漬け梅を梅干にするべく梅を乾す。特別紫蘇など使わず白干しし様に、少しづつほっぺの赤さのように変わってくるのが楽しみで、美味しい梅干間違いなし・・・!?    桃も季節ごとに送られてくる季節の楽しみな果物だ。何時も皮を剥くと実と皮がくっつき果汁ぽたぽたと 勿体無いおもいをする。たまたまPCで桃の皮の綺麗な剥き方・・・から学び実行してみたら、このように綺麗にむけ無駄がありませんでした。なぁんだ!とおもいますが・・・トマトの皮むきと同じ!鍋にお湯を沸かし、それに数秒くぐらせ、冷たい水で冷やし皮を手で剥きますと、簡単・綺麗に・・・と言うわけです。もっとも、山梨県では、桃は硬い採りたてで けばけばだけ洗い流し 皮ごと食べると皮と実の間の糖分が美味しいとそのまま皮ごとと食べるのだそうで学校給食もそのようにしているそうです。(TVの県民ショウ】で放映してました)  ともあれ!一度はお試しあれ・・
・・!

行田市 古代蓮

(*´∀`人 ♪行田市 古代蓮
TVの5チャンネルで行田の蓮が満開ということで見たことが無かったので行って来た。埼玉県と言っても中々近くて遠い!
知らなかったことでもう!ひとつ! 田んぼアートはこの場所でもある。蓮のタワーが高くそびえて其のタワーの上から見ると田んぼのお絵かきが見えるのだが今はまだ苗を植えたばかりで把握できない。(秋の実りの頃が観賞時期)蓮田は広く世界の蓮が集められている。特に【古代蓮】は何千年も経て公共工事現場から偶然発見され・尚 地中に眠っていた多くのはすの実が出土され、自然発芽して一斉に咲き行田市のシンボルになり大切に育て、6月下旬から8月上旬に蓮池一面に咲くが蓮の花の開花は午前中にポン と 音をたてて、開くそうです。長瀞には何十年ぶり・・・?ゆりの花の時期は終りに近くそのほかの種類もたくさんあったが・・・最盛期だったら見事だろうと 来年に期待をこめて。。。

ヒマラヤの青いケシ

ヒマラヤの青いケシ
今年も青いけしの花が見たくて出かけました。今回は満開には程遠くまだまだこれからつぼみ・・・?・・・と言っ状態でしたが私にはそれなりの満足!最初の頃は、このけしを見に行くことが大変だった山道は、年々整備され村人こぞって観光地として協力 今では全国からこの時期に見学に来るとの事。山奥の集落には廃屋も多く見られたがすっかろ取り壊し目にすることは無かった。何しろ3000M級の山登りの登山口・・・下山地でもあり中々一般の人達になじみは無い山深い。。。場所です。   以前原田芳雄監督が農村歌舞伎を題材に【大鹿村騒動記】と言う映画を撮り農村歌舞伎の物語を軸にして、この青いけしのおじさんも其の他大勢の役でなく歌舞伎役者として出演したそうです。後 原田監督が残念ながら亡くなった際 ここの青いけしの注文があり 7月の半ばとて、花の時期が過ぎていてやっと、何本かの花を届けることが出来 枕花に飾られたそうです。
私の このけしの魅力は、中国の登山で休憩した4000M地帯に いたるところ山に咲いていたブルーポピーを見てから、日本で見られる唯一の場所として
何回も観たい・・・来る・・・幻の魅力でしょうかねぇ・・・?!