FC2ブログ

原子力発電って・・・・?

原子力発電・・・って?
10月20日から22日まで福島原発被災地に行ってきました。いつもの旅だと国内外で集まるグループも今回は3人のみ!
背中にずっしり重たいものを背負って帰ってきました。何も生活がないんです。すべて…茶碗やお箸から すぐ帰れると思って
避難して・・・家にはペットや家畜もすべて置いて【すぐ帰るからね】と言って・・・!そのすぐは今の4年半でも帰ることは不可能で
原発に近い街並みの一軒一軒には鉄柵で許可がなければ入れない我が家が自由にならないのです。ペットは餓死…家畜は
すべて殺処分と言う結果になりました。ですから車で許可のあるNPOの方が検問に証明を見せ、生活の営みのない街の
決められた幹線道路のみの見学で車の立ち止まりや下車禁止…パトカーがすぐ見つけ次第職務質問・・・線量計は双葉町・大熊町 富岡町ではピ・ピィなりっぱなしの警告!窓も開けてはダメ下車ダメはそういうことなんです。首相のオリンピック招致の言葉はなんて嘘の大ぼらでしかないし、近々帰れるなんて言うのも原発の被害のダメージを薄れさせるための一策だと…TVで村に帰った喜びの顔の大写しも【大したことじゃなかったのね】…と言う一つの錯覚の踊らされたのは私自身でもありました。家畜の殺処分に反対した方の【希望の森】と言う牧場には330頭の牛が飼われていました。その方が言う説明に人間は避難できるがすべて動物を殺したら放射能の生きた証がなくなる…と言うことで、逃げた牛つながれた牛を集め世話をしているとのことでした。
【原子力・明るい未来のエネルギー】の安全神話のこの看板すら撤去しようとしているそうですが、標語を作った方が[負の遺産]として残すことを発信しているそうです。今回 来なかった友達に、福島の産物をお土産にしようと…でも友皆がやんわりとお断りの返事だった。  人の居なくなった庭のたわわになった柿の実・雑草の庭と化した立派な家々・・・4年半前は想像もしなかったであろう!そして至る所に除染のあの黒い袋の耐久年数は、4年から5年のビニール製。行き場のない巨大なごみ!放射能とは・・・・?