春・小川町の野辺




埼玉県・東武線小川町は和紙の里(紙すきの町)として知られている。友の案内でカタクリの花とニリンソウが見頃と案内された。カタクリと言えば三毳山が有名だがこの小川町の群生も負けない見事さだ。何処の家々の庭にも花が多く、歩いて春を満喫できる。4月1日の花めぐり
春・小川町の述べ

コメント

花いろいろ

暖かくなって山歩きが楽しくなってるようです
でも元気なたんごちゃんは寒い時も蔵王に行ってたっけ。
在宅してることが少なくなるのかしら・・・

2013/04/18 (Thu) 07:12 | ようこさん #/TjxLqx. | URL | 編集

コメントありがとうございました。
春になり、少し外歩きしてと言ってもスニーカーハイク程度ですが、お友達と家の周りから少し離れたところを、ちょこっと歩きですが、今年の気候は
植生にも時期が大幅にずれて、花々にも時期という言葉が当てはまらなく植生も人間も体調を合わせるのが大変な年だと感じておりました。
歩く・歩けるということはひざを痛め、改めて何事もない喜びだと感じています。  タンゴママ          ようこさんへ

2013/04/18 (Thu) 10:26 | #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する