ヒマラヤの青いケシ

ヒマラヤの青いケシ
今年も青いけしの花が見たくて出かけました。今回は満開には程遠くまだまだこれからつぼみ・・・?・・・と言っ状態でしたが私にはそれなりの満足!最初の頃は、このけしを見に行くことが大変だった山道は、年々整備され村人こぞって観光地として協力 今では全国からこの時期に見学に来るとの事。山奥の集落には廃屋も多く見られたがすっかろ取り壊し目にすることは無かった。何しろ3000M級の山登りの登山口・・・下山地でもあり中々一般の人達になじみは無い山深い。。。場所です。   以前原田芳雄監督が農村歌舞伎を題材に【大鹿村騒動記】と言う映画を撮り農村歌舞伎の物語を軸にして、この青いけしのおじさんも其の他大勢の役でなく歌舞伎役者として出演したそうです。後 原田監督が残念ながら亡くなった際 ここの青いけしの注文があり 7月の半ばとて、花の時期が過ぎていてやっと、何本かの花を届けることが出来 枕花に飾られたそうです。
私の このけしの魅力は、中国の登山で休憩した4000M地帯に いたるところ山に咲いていたブルーポピーを見てから、日本で見られる唯一の場所として
何回も観たい・・・来る・・・幻の魅力でしょうかねぇ・・・?!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する