吾が愛する チャ・ットラー

吾が愛する チャ・ットラー


何となくどこから来たのか、お隣の壷(ひっくり返してある)の上に具合悪そうにうずくまって何日もいるので、死にそうに見え,ツナ缶など食べさせているうち段々元気になり今日に至っていますが、今まで猫に食事など買ったこともないのに,ポリポリだか カリカリだか知らないが・・・我が家の扶養家族のような一員になっている。しかし所詮野良猫だから、抱かれる事も家に入って閉じ込められる雰囲気も嫌う!朝6時半朝食・夕食は4時半頃・・・ばぁやはニャゴの食事の世話から人間様の夕食の支度が始まる。一年以上も付き合っている内来ないと気になる・・・触らせてくれし 尚且つブラシマッサージであられもない格好で喜ぶ・・・つめを立てることが無いから一応 ばあ様として信用されているのかも・・・ね!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する